うさぎのことなら何でも分かる
ホーム > うさぎの飼い方 > うさぎのお手入れ

うさぎのお手入れ


うさぎさんはキレイ好きですので、自分で自分の体をなめて毛づくろいをし、身だしなみを整えます。

なめた毛はフンと一緒に排出されますが、大量に毛を飲み込んでしまうと胃の中で絡まって毛球症になるおそれがあります。

ですから、毛球症の予防のためにブラッシングをする必要があります。

ペットであるが故に伸びすぎてしまう爪もそうです。伸びすぎた爪は切ってあげる必要があります。

このように、うさぎさんのお手入れはあくまでもうさぎさんの身だしなみのお手伝いをするものにすぎません。本来であればうさぎさんは自然の中で身だしなみを整え、人間の手を必要としません。

ですから、お手入れはうさぎさんの目線で行うようにしてください。

けっして、飼い主の目線で判断して必要以上にやり過ぎてはいけません。

ブラッシング(週に2回程度)

うさぎさんのお手入れの基本はブラッシングです。

毛並みに沿ってやさしくなでるようにしてブラッシングをしましょう。

ブラッシングをする箇所は、背中とお腹です。

耳とお尻はブラッシングをしてはいけません。繊細な部分ですので、ブラッシングをすると皮膚を傷めてしまいます。

ブラシでならせない毛球がある場合には、強引にブラシを使うのではなく、その部分を切ってあげましょう。

基本的には週に2回程度の頻度でブラッシングをすれば足りますが、毛が生え変わる春と秋は毎日する必要があります。

また、長毛のうさぎさんの場合は、毛が長い分、ブラッシングの回数を増やす必要があります。1回のブラッシングにかける時間を長くするよりも回数を増やしてあげた方が効果的です。

上に戻る

汚れ取り(その都度)

口や鼻周りの汚れは脱脂綿や綿棒を水で濡らして軽く拭き取ります。

ブラッシングをすることのできない耳とお尻も同じように軽く拭き取ります。

なお、うさぎさんは水に濡れると体調を崩すので、水に濡れるのが大嫌いです。ですから、うさぎさんをお風呂に入れてはいけません。

どうしても臭いが気になる場合には、ペット用の脱臭スプレーやドライシャンプーを使うようにしてください。

上に戻る

爪切り(2ヶ月に1回程度)

爪切りは白い部分だけカットするようにしてください。

ピンク色の部分は血管や神経が通っていますので、くれぐれもカットしないように気をつけてください。

上に戻る

耳そうじ

脱脂綿や綿棒を水で濡らして、片方の手でお手入れをする側のうさぎさんの耳をやさしくつまみ、もう片方の手を使って耳の穴の入り口付近の汚れを取ってあげてください。

特に、たれ耳のうさぎさんの場合は、耳が垂れている分、耳の内側が湿りやすく汚れやすくなっています。ですので、立ち耳のうさぎさんの場合よりも頻繁にお手入れをする必要があります。

ただし、耳は重要な器官ですので、毎回丁寧に扱ってあげてください。

上に戻る

以上、うさぎさんのお手入れの仕方をご説明しましたが、うさぎさんのお手入れはうさぎさんの病気の早期発見につながります。ですから、ただ機械的にお手入れをするのではなく、お手入れは健康チェックの一環だという意識で行うようにしてください。うさぎさんのためですので、頑張ってください。

«うさぎのしつけ方

掃除»

LINEで送る