うさぎのことなら何でも分かる

不正咬合のうさぎ

上あごの切歯が二重になっているので、うさぎさんは重歯目に属します。

うさぎさんの歯は1年に約10cm伸び、一生伸び続けますが、食べ物を咀嚼することによって削って一定の長さに保っています。

ですが、うさぎさんが十分に咀嚼運動をせず、歯が伸びすぎてしまうと、上歯と下歯の噛み合わせがズレて、不正咬合(Malocclusion)になります。

不正咬合になると、歯が舌や頬に突き刺さって出血し、そこから細菌が入り込んで膿瘍ができるおそれがあります。

不正咬合には、切歯の不正咬合と臼歯の不正咬合の2種類があります。

切歯は外から見ることができるので、切歯の不正咬合の場合には、その症状を容易に発見することができます。

それに対して、臼歯は口の奥にあるので、臼歯の不正咬合の場合には、発見することが遅れることが多いです。臼歯の不正咬合は、上顎の歯は頬に向かって外側に伸び、下顎の歯は舌に向かって内側に伸びることが多いです。

うさぎさんの食欲(食べる量)が落ちていたり、ヨダレを垂らしていたりしていたら、臼歯の不正咬合を疑ってください。

食欲が落ちるのは、歯が舌や頬に突き刺さって痛くて食べ物を噛めないためであり、ヨダレを垂らすのは、同じく歯が舌や頬に突き刺さって痛くて口をしっかり閉じられないからです。

不正咬合を治すためには、歯を削ることが必要です。特に、臼歯を削る場合には、うさぎさんが暴れることが多いので、全身麻酔をして処置をすることになります。

一度不正咬合になってしまうと、歯列が歪んでしまうので、矯正を行わない限り、再度不正咬合になりやすくなります。

ですので、そうなる前に予防をする必要があります。

予防策としては、普段からペレットだけを食べさせるのではなく、牧草や野菜を食べさせて、咀嚼運動を増やすことです。

LINEで送る