うさぎのことなら何でも分かる

うさぎは散歩が好きなのか

うさぎの散歩、略して「うさんぽ」はとても響きがいいです。

ぴょんぴょん跳ね回っているかわいい姿が浮かんできます。

ですが、それは野生のうさぎさんの姿です。

残念ながら、生まれた時からペットとして飼われたうさぎさんはストレスに弱いです。

うさんぽの目的はストレス解消ですが、外は危険がいっぱいですので、外に連れて行くと逆にストレスになることが多いです。

まず、外にはうさぎさんを怖がらせる他の動物がすでに存在します。

たとえば、猫はうさぎさんと相性は良くないので、うさぎさんに攻撃をしかけてくることがあり、危険です。そして、猫の攻撃は目にも止まらぬ速さですので、飼い主が危ないと思った瞬間にはもう手遅れです。

カラスはもっと危険です。飼い主の気づかないところから攻撃をしかけてきます。

なお、犬とうさぎさんの相性は悪くはありませんが、うさぎさんに興味を示した犬が近づいてくるとうさぎさんは怖がります。

次に、外には野草がたくさん茂っていますが、うさぎさんが毒性のある草を誤って食べてしまったり、除草剤が撒かれた草を食べたりしてしまいます。

さらに、外に連れて行くとダニやノミが体に付いて、皮膚病にかかるおそれがあります。

このように、外は危険がいっぱいです。ですから、うさんぽはあまりオススメはできません。

もし日光浴をする目的でしたら、公園ではなく家の中の窓際で日光浴をさせてあげるか、庭の中で遊ばせてあげてください。

なお、念のためにすでにうさんぽに慣れているといううさぎさんのためにも情報をお伝えいたします。

うさんぽグッズには首輪タイプとハーネスタイプがありますが、リードは付けないようにしてください。

なぜなら、そもそもリードを付けられることをうさぎさんは好みませんし、仮にリードに慣れたとしても、散歩の際に急に動き出して脱臼をしたり、骨折をしたりするからです。

また、うさんぽをする際には動物と一緒に散歩することのできる公園は限られていますので、役所に確認を取りましょう。

そして、うさんぽをする際にはどうか周囲を警戒しつつ、うさぎさんの様子もしっかり観察して、くれぐれも細心の注意を払ってください。

LINEで送る