うさぎのことなら何でも分かる

うさぎはケージを何のためにかじるのか

夜中になると聞こえてくるカジカジする音。

電気を点けると、いました犯人が。

目が合うともっと激しくケージをかじり始めます。

仕方ないので、ケージを開けて外に出してしばらく一緒に遊びます。

すると、うさぎさんはだんだん疲れてきます。うさぎさんが疲れてきたら、ケージに戻してあげます。

「いい子、いい子」と頭をなでてケージのドアを閉めます。

やれやれと思って再び電気を消して眠りに入ります。

すると、うさぎさんがいる方向からまたカジカジという音が。。。

という経験をされたことはありませんか。けっこうあるのではないでしょうか。

いったいうさぎさんは何のためにケージをかじるのでしょうか。うさぎさんのかじる行動には2つの意味があります。

1つ目は、ケージのフェンスを使って歯を削るためです。

不必要に歯が伸びると物が食べにくくなるので、うさぎさんは伸びてきた歯を削ろうとします。また、放っておくと不正咬合になりますので、歯を削る行為は必須です。

ですから、ケージのかじる行為は歯を削るために行っているので、代わりとなるかじり木をうさぎさんにあげましょう。

そうすれば、ケージにかじりつくのが治まります。

問題は2つ目の行動目的です。

2つ目は、「ケージから出して」、「遊んで」というアピールのためです。

アピールが目的である場合には、その対処法として、まずすべきことは、カジカジをしている日はケージには近づかず、何もしないということです。

なぜなら、カジカジをしている時に近づいてケージから出してあげたり、一緒に遊んであげてしまうと、カジカジをすればケージから出られる、遊んでもらえると勘違いしてしまうからです。

かわいそうな気もしますが、そっとしておきましょう。

そして、次の日になったら、フェンスをかじれないように細工をしましょう。

また、寝る前に適度の運動をさせてあげましょう。その上で、電気を消す前にケージに目隠しをしてください。

こうすれば、ケージにかじりつくのが治まるはずです。

一回カジカジを覚えてしまうと、すぐには効果は出ませんが、とにかく忍耐です。

LINEで送る