うさぎのことなら何でも分かる

うさぎは抱っこが好きなのか

飼い主にとってうさぎさんを抱っこすることは、うさぎさんとより接近してスキンシップをとるための方法です。

ですが、もともとうさぎさんには抱っこされる習慣がありませんので、うさぎさんを抱っこするためにはまさしく慣れが必要です。

抱っこはうさぎさんにとって捕獲と同じであり、不安を覚えます。

ですから、初めて抱っこされる時には、捕獲されまいと暴れるうさぎさんが多いです。

たとえ暴れても無理やり抱っこをしようとしないでください。無理やり抱っこをしてしまうと、さらにうさぎさんに恐怖心を与えてしまいます。

子うさぎの頃から抱っこに慣れさせるのが最も短時間で抱っこを習慣化させる方法ですが、抱っこを習慣化させるためには飼い主との信頼関係の構築が重要になります。

そして、飼い主との信頼関係の構築には時間がかかります。

うさぎさんの中には抱っこどころか、なでなでされるのを嫌がるうさぎさんもいます。

エサをあげてうさぎさんがガリガリ食べている隙を見て、なでなでをしようとするとスルリと身をかわして逃げるうさぎさんもいます。

なでなでを嫌がっている段階では、まだまだ抱っこは早すぎます。

まずはうさぎさんとの信頼関係を構築した上で、抱っこに臨んでください。

そして、抱っこは飼い主のためではなく、うさぎさんのために必ず必要な技術です。

うさぎさんが病気になって病院に連れて行く際に、抱っこは必要になりますし、治療の際に暴れないようにするために普段から抱っこに慣れさせておく必要があります。

抱っこの仕方にはいくつかありますが、どの方法であっても必ず飼い主が腰を下ろして、低い位置からうさぎさんを抱きかかえるようにしてください(万一の転落防止のためです)。

ちなみに、うさぎさんの首根っこより背中に近い部分のたるんでいる箇所の皮を大きくつかむのが、最も安全で正式な抱っこの仕方であるとされています。

一見、うさぎさんにとって痛そうな格好ですが、贅肉の部分ですのでうさぎさんは痛くありません。

うさぎさんをつかみましたら、もう片方の手でお尻を支えて、うさぎさんの足の裏が飼い主のお腹にくっつくように向かい合って抱きます。

ぴったりと自分の体と密着させて固定してください。

抱っこは物理的にも精神的にも飼い主とうさぎさんとの距離の近さを意味しているといえます。

LINEで送る