うさぎのことなら何でも分かる

うさぎは噛み付くのか

ご存知の通り、うさぎさんはカジカジするのが得意です。

それもそのはず、うさぎさんには28本の立派な歯があり、固い食べ物を噛んで歯が擦り減っても食欲に負けないために、歯は一生伸び続けます。

歯が一生伸び続ける以上、必要以上に伸びてしまった歯を削るために、カジカジをして歯を擦り減らすことをします。

また、日々の食事以外に、うさぎさんはうさぎさん同士のけんかにおいて相手に噛み付くということもあります。

そして、飼い主に対しても噛み付くこともあります。

ですが、よほどのことがない限り、うさぎさんは飼い主には噛み付きません。

噛むという行為はうさぎさんにとって様々な意思表示の現われです。

たとえば、自分の縄張りを守るために噛み付いたり、機嫌が悪い時にも噛み付いたりします。

まれに、相手に敵意を抱いている時にも噛み付いたりしますが、ほとんどの場合、飼い主に対しては敵意を抱いていません。

うさぎさんに噛み付かれて出血してしまうこともあるでしょうが、それでもうさぎさんはちゃんと手加減をしています。

噛まれたからといって嫌われているわけではありません。

うさぎさんが噛む時は、単なる感情に任せてなされるわけではなく、自己防衛のためなどしっかりとした理由があります。

ですから、うさぎさんはカジカジを得意とする生き物であり、噛み付くこともあるということを知った上で、飼い主はうさぎさんと接する必要があります。

噛まれた飼い主の側が心を閉ざしてはいけません。

飼い主は広い心でうさぎさんと接することがうさぎさんとの距離を縮める近道です。

ちなみに、しつけと称してうさぎさんを叩いては絶対にいけません。うさぎさんには叩くというコミュニケーションはありません。

それどころか、たとえ力を入れずに叩いたつもりであっても、うさぎさんにとっては大きな衝撃になりますので、うさぎさんは叩かれると怯えます。

しつけと称して叩くことは、うさぎさんとの信頼関係を破壊することになってしまいます。

うさぎさんが噛み付くことには理由があります。ですので、その理由を察してあげて、うさぎさんとの信頼関係の構築に努めてください。

LINEで送る