うさぎのことなら何でも分かる

うさぎは風呂に入るのが好きなのか

うさぎさんはお風呂が好きか嫌いかと問われれば、うさぎさんはお風呂が嫌いです。

これは、うさぎさんが不潔だからではありません。

むしろ、うさぎさんは自ら毛づくろいをすることによって常に清潔を保っていますので、お風呂に入る必要がないほどに清潔であるといえます。

うさぎさんがお風呂を嫌うのは、水に濡れるのが嫌いだからです。

うさぎさんは、自ら体温調節をすることができず、体毛は水に濡れると乾きにくい性質ですので、体が水に濡れると体が冷えて体調を崩したり、皮膚病になったりするおそれがあります。

たしかに、野生のうさぎさんは敵から逃れるために、他に逃げ道がある場合であっても、追っ手の追跡をいち早く振り払うために、あえて水の中に飛び込むことがあります。

そして、その泳ぐスピードは犬と同じかそれ以上であるとの報告が確認されています。

しかし、ペットのうさぎさんは水に濡れる訓練を受けていないので、たとえぬるま湯であっても水に濡れること自体抵抗があります。

特に、未成熟のうさぎさんは十分な体力がついていないので、水に濡れると風邪をひきやすいので、水に濡れないように気をつけてください。

また、そもそもうさぎさんはキレイ好きであり、自分で毛づくろいをすることによって通常の状態ではうさぎさんの体は汚れておりませんし、臭いもありません。

では、うさぎさんをお風呂に入れなければならない場面とはどのような場面なのでしょうか。

それは、うさぎさんが体調を崩して下痢をしてお尻が汚れてしまった場面が最も多いです。

そのような致し方ない場合には、うさぎさんの体を飼い主の手でキレイにしてあげる必要がありますが、その場合であっても全身をお風呂に入れるのではなく、汚れた部分のみをお風呂に入れるようにしてください。

お風呂に入れる際に、まず気をつけなければならないのは、お風呂の温度であり、水温はうさぎさんの体温と同じ38~40度くらいがいいです。

そして、洗浄にはうさぎさん専用のシャンプーを使ってください。

また、お風呂から上がった後には、乾いたタオルでしっかり拭いて、やけどをさせないように素早くドライヤーをかけて水気を取り去ってください。

特に、耳の中は入念にチェックし、もし耳の中に水が入っていたら綿棒で丁寧に水気を取り去ってください。

お風呂は水に濡れた後の対処が最も重要です。

ちなみに、水に濡らす以外にも、粉末状のドライシャンプーたるものが存在し、これを使用すれば水に濡らすことなく体をキレイにすることができます。

LINEで送る