うさぎのことなら何でも分かる

うさぎと一緒に暮らせる動物

うさぎさんと他の動物が一緒に暮らすためには、2つの問題をクリアしなければなりません。

1つは、相性の問題で、もう1つはテリトリーの問題です。

まず1番目の相性の問題ですが、一般的に肉食動物との相性は悪いです。

肉食動物といっても様々で、猫はうさぎさんと相性が悪いです。それに対して、犬とうさぎさんの相性は比較的悪くありません。

また、特に気をつけなければならないのが、フェレットです。

フェレットは自然環境の中でうさぎさんを捕食しますので、うさぎさんにとってフェレットは天敵です。フェレットのにおいを嗅いだだけでも怯えるうさぎさんもいます。

いずれにしても、犬のような肉食動物は例外的であり、できる限り肉食動物と一緒に飼うのは避けましょう。

これに対して、草食動物との相性は良いです。

たとえば、ハムスターやチンチラ、モルモットとの相性は良いです。小鳥も問題はありません。

ですから、一緒に飼うのでしたら、草食動物の方がよいでしょう。

次に、2番目のテリトリーの問題ですが、これは難問です。

もともと別の動物がいる中にうさぎさんが加わる場合には、うさぎさんは新たに自分の縄張りを探すことになるので、十分なスペースがあれば比較的早くなじむことができます。

ですが、逆に、もともとうさぎさんがいた場所に別の動物が加わる場合には、いくら相性が良くても一緒に暮らすにはかなりの手間と時間が必要です。

うさぎさんは怖がりで縄張り意識が強いのが一般的ですので、自分のテリトリーに別の動物が入ってくると強いストレスを感じます。

別の動物が急にやってくると、うさぎさんは自分のテリトリーを守ろうとして必死になります。

ですから、まず初めは対面させず、別室で新しい動物を飼う必要があります。そして、別室でも鳴き声やにおいなどでうさぎさんはその存在に気づきますので、少しずつ距離を縮めていきます。

互いに家族であると認識し合うまで飼い主は目を離さずにしっかりと間を取り持つ必要があります。

ちなみに、一緒に飼うことに成功した場合であっても、異なる動物が一緒に生活することによって様々な感染症の危険が伴います。

ですから、問題は山積みです。

結論としては、うさぎさんと別の動物を一緒に飼わないのがよいといえます。

うさぎさんに全力を注ぎましょう。

LINEで送る