うさぎのことなら何でも分かる

うさぎはいびきをかくのか

うさぎさんも寝ている時に、いびきをかきます。

呼吸に合わせて「すぴぃーすぴぃー」と鳴いたり、「ぶうぅぶうぅ」と鳴いたり、「くぅくぅ」と鳴いたりします。

たまに「グォ」っと大きな音を出して、その音に自分でびっくりしたかのように体がビクッとなることがありますが、ムニャムニャと口を左右に動かして再びいびきをかきます。

本人はまさか自分がいびきをかいているとは思っていないでしょう。

うさぎさんのいびきの音を聞くことができた時は、何だかうさぎさんのヒミツを知ったみたいでお得な気分になります。

ですが、うさぎさんがいびきをかくのは当たり前のことではありません。

うさぎさんは鼻で息をしますので、寝ている時の体勢で鼻の穴が部分的に塞がれてしまうと、空気が通る道が狭くなり、いびきの音が出るにすぎず、普段はいびきをかきません。

ですので、もし鼻の穴が塞がるような体勢で寝ていないのにもかかわらず、いびきをかいている場合には、鼻にトラブルがある可能性があります。

いびきをかいている鼻の穴から鼻水が出ている場合には、病気の可能性があります。

また、うさぎさんが肥満になって太りすぎた場合には、鼻や喉の異常としていびきをかくことがあります。

うさぎさんがいびきをかく、というのはとてもかわいらしい響きですが、うさぎさんの体に異変が生じている合図である可能性もあるので、飼い主としてはうさぎさんが寝ている間にそれが正常なものなのか否かを判断する必要があります。

とはいえ、もし正常ないびきであれば、それはうさぎさんがとても安心しているということですので、非常に良いことです。

ちなみに、いびきをかいている時は、うさぎさんはさぞかし爆睡しているのだろうと思いきや、眠りは浅く、浅い眠りの時にいびきをかきます。

むしろ眠りが深い時は、うさぎさんはいびきをかかず、静かに寝入っています。

LINEで送る