うさぎのことなら何でも分かる

うさぎのジャンプ

「ピョンピョン」という擬音語を聞いたらうさぎさんの姿を想像するように、うさぎさんはよく跳ねます。

うさぎさんが跳ねる時は、後ろ足を踏ん張ってジャンプをし、着地をする時は後ろ足を前足よりも前方向に出して着地します。

遠くに移動する時もピョンピョンと軽快に跳び回り、近場を移動する時もピョンと一歩踏み出します。

もっとも、うさぎさんは常にピョンピョンと前足と後ろ足をそろえて跳びながら前に進むわけではなく、普通に前足と後ろ足を交互に前に出してトコトコと歩くこともできます。

また、うさぎさんは平行跳びのみならず、ピョーンと高く垂直に跳ぶことも得意です。

ペットのうさぎさんが垂直跳びをするのは、機嫌のいい時や楽しい時間を過ごしている時です(野生のうさぎさんは、天敵の追跡をかく乱する手段として垂直跳びを用います)。

テンションが高くなりすぎてピョーンと跳ね上がるといった具合で、感情が如実に体現されています。

もしかしたら、喜びの度合いによって跳ね上がる高さも変わってくるのかもしれませんが、とにかく高く跳び上がることができ、ケージの高さは軽々と越えることができます。

ペットのうさぎさんで最も高く跳んだうさぎさんは、「マイムランズ テューゼン(Mimrelunds Tösen)」と名づけられたうさぎさんで、99.5 cmという記録を残しました(1997年7月28日にギネス記録)。

ちなみに、全日本不動産協会・不動産保証協会(会員数2万人)のシンボルマークには、跳びはねているうさぎさんの姿が採用されていますが、まさにジャンプ力のあるうさぎさんが躍進のイメージと化されています。

なお、全日本不動産協会・不動産保証協会は強制加入団体ではなく、宅建業者が自ら営業保証金を供託する代わりに保証協会に加入するために加入する団体であり、保証協会としては他に全国宅地建物取引業協会連合会・全国宅地建物取引業保証協会があります(会員数11万人)。

全国宅地建物取引業協会連合会・全国宅地建物取引業保証協会にはハトのマークが採用されています。

LINEで送る