うさぎのことなら何でも分かる

うさぎは何のために毛づくろいをするのか

うさぎさんは、前足をペロペロと舐めた上で、自分の唾液が付着した前足を使って、自分の顔を覆うようになでたり、耳をなでたりして毛づくろいをします。

そのしぐさがかわいくて、うさぎさんの毛づくろいが終わるまでじっと見つめますが、待てど暮らせど、なかなかうさぎさんの毛づくろいは終わりません。

「もうそろそろキレイになったんじゃない」と思っても、うさぎさんは毛づくろいをし続け、とにかく念入りに毛づくろいをします。

うさぎさんの唾液には、衛生状態を保つ成分が含まれており、洗浄効果のある唾液を体に行き渡らせることによって衛生状態を保っています。

ですから、うさぎさんはお風呂に入る必要はなく、お風呂に入らなくても清潔でいられるのです。

このように、うさぎさんの毛づくろいは、ただ身だしなみを整えるだけではなく、清潔を保つために行われます。

もっとも、毛づくろいにはメリットばかりではなく、デメリットもあります。

それは、うさぎさんは何度も前足を自分の体と口とを行ったり来たりするので、自分の毛を飲み込んでしまうことです。

うさぎさんは食べたものを吐き出すことができないので、飲み込んだ毛も吐き出すことができません。

したがって、毛づくろいの過程で、自分の毛を大量に飲み込んでしまうと、お腹の中で毛が絡まって毛玉になってしまいます。

そうなると、うさぎさんが毛球症になり、食欲がなくなってしまいます。

ですから、そうならないように、定期的にブラッシングをして抜け毛を適度に除去してあげてください。

特に春と秋の季節の変わり目は、うさぎさんの毛が生え変わるので、抜け毛が多くなります(この時期を「換毛期」といいます)。

ちなみに、メスのうさぎさんは妊娠すると、自分のお腹の毛を歯を使って抜きます。

これは、自分の毛を使って巣作りをするためです。

LINEで送る