うさぎのことなら何でも分かる

うさぎはフンを食べるのが好きなのか

うさぎさんは、なかなかのグルメです。

お口に合わない物には、そっぽを向きます。

ですが、そんなグルメのうさぎさんも自分のフンを食べます。

うさぎさんがフンを食べるのは、フンから栄養を摂取するためです。

フンの種類には、軟糞(もちもちとしたフン)と硬糞(コロコロとした乾燥したフン)があります。

軟糞は、食べ物が大腸の中で発酵・分解されたものであり、ビタミンやたんぱく質が豊富に含まれています。

たとえ十分なエサを口にしたとしても、その栄養分が一回でうさぎさんの体の中に吸収されるわけではなく、体の中に吸収されるためには食べた物が体内で発酵・分解されることが必要です(特に、草は消化がしづらいです)。

そして、うさぎさんが食べたエサは、「胃→小腸→大腸」といった経路をたどり、分解された食べ物の栄養分を吸収する場所は小腸であるのに対して、食べた物を発酵・分解する場所は大腸です(胃液では消化しきれないので、大腸にある細菌を使っています)。

したがって、小腸で吸収されるためには、大腸で発酵・分解された後に、体外に排出した上で、再び食べることが必要になるのです。

このように、軟糞を食べることはうさぎさんの消化機能を助けるとともに、危機管理機能の一種であり、胃腸は貯蔵庫としての働きもしています。

すなわち、ガツガツとうさぎさんが勢いよくエサに飛びつくのは、とりあえず食べられる時に食べるというハングリー精神の表れであり、一口サイズの錠剤(フン)に変えた上で。後でゆっくり食べて栄養にしているのです。

ですから、うさぎさんがフンを食べていても、大事な栄養錠剤を飲んでいる最中ですので、決して止めないでください。

ちなみに、うさぎさんが食するのは、主に軟糞の方ですが、硬糞も食べます。

硬糞は発酵に適さなかったものが排出されたものですが、うさぎさんは硬糞の中に含まれたわずかな栄養分も逃さないために、再度口の中で細かく噛み砕いて発酵しやすい形にしているのです。

なお、うさぎさんが軟糞を食べる場合には、直接お尻に口をあてて食べるので、その瞬間にしか軟糞を目にすることはできません(床に落ちているのは硬糞です)。

LINEで送る