うさぎのことなら何でも分かる

うさぎのショップはどこでもいいのか

うさぎさんの性格は、幼い頃にどのように育ったかが、将来にわたって大きく影響してきますので、ペットショップでの飼育はとても重要です。

ですので、うさぎさんを選ぶに際しては、どのうさぎさんを選ぶかということだけではなく、どのペットショップのどのうさぎさんを選ぶかが重要になります。

では、ペットショップを選ぶ際にはどのような点に注意すべきでしょうか。

まず大前提として、ペットショップの店内が清潔に保たれているかを確認する必要があります。

うさぎさんはキレイ好きですし、体調の良し悪しは生活環境によって決まりますので、店内だけでなくケージの中も清潔に保たれているかを確認する必要があります。

その上で、第一に、ペットショップで適切な飼育がなされていたかが重要になります。

そのペットショップでどのような飼育がなされていたかを質問して、明確な答えが返ってきて、その内容が適切であるかを確認してください。

たとえ自分の知識が不十分であったとしても、対応してくれた店員さんが専門的な知識を備えており、自分の質問に丁寧に答えてくれた場合には、そのペットショップでは適切な飼育が行われているとある程度推測することができます。

第二に、うさぎさんが店頭に置かれた時期が適切であったか否かが重要になります。

生まれたばかりの子うさぎは体が弱く、母うさぎの母乳を飲むことによって、だんだんと免疫力をつけていきます(生後3週間から6週間にかけて徐々に離乳していきます)。

ですが、生後2ヶ月しか経っていない子うさぎは、まだ十分な免疫力がついておらず、突然の環境の変化に対応するにはまだ早く、突然環境が変化すると体調を崩すおそれがあります。

もし店頭に生後2ヶ月の子うさぎが並んでいましたら、それはそのペットショップがうさぎさんの体調よりも販売サイクルの方を優先しているお店であるということを意味します。

ケージの下の札に「生後6ヶ月」と書かれていたとしても、店頭に並んだのは生後2ヶ月である場合もあります。ですので、うさぎさんの年齢だけでなく、いつ店頭に並べられたかも尋ねることが必要になります。

第三に、これが最も重要ですが、ペットショップの店員さんがうさぎさんに対して深い愛情を持っているかどうかです。

これは内面の問題ですので、外からは判断しづらいですが、うさぎさんに対して深い愛情を持っていれば、自然と目の前のうさぎさんについての話が盛り上がるはずです。

たとえ短い時間であっても、子うさぎの時から毎日顔を合わせてかわいがってきたうさぎさんですから、そのうさぎさんが誰かに連れて行かれてしまうのは寂しいものです。

そして、新しい飼い主にもかわいがってもらうために、懇切丁寧にうさぎさんのかわいがり方を説きたくなるものです。

それはちょっとした言葉遣いや態度に表われるものですので、もしそういった姿勢を読み取ることができたら、そのペットショップは紛れもなく良いお店です。

最後に、うさぎさんを飼い始めた後も適切なアドバイスをしてくれるペットショップがオススメです。

経験上、総合店よりもうさぎ専門店の方が手入れが行き届いているので、オススメですが、総合店であっても小動物を専門に扱っているお店であれば適切なアドバイスをしてくれる店員さんが多いです。

ちなみに、ペットショップにうさぎさんを見に行く時は、午前中よりも夕方から夜にかけての時間帯に行くのがいいです。

うさぎさんは夕方から夜にかけて活発に活動するので、その時間帯であればうさぎさんの本来の姿を見ることができます。

LINEで送る