うさぎのことなら何でも分かる

うさぎを飼うならオスかメスか

うさぎさんを飼うに際して、果たしてオスとメスのいずれが飼いやすいのでしょうか。

一般的に、オスの方がメスよりもなつきやすいと言われています。

オスであるからピーターラビットのようにわんぱくであり、言うことを聞かないというわけではありません。

そして、言うことを聞くか否かという視点からうさぎさんを見てしまうと、うさぎさんが言うことを聞かなかった時に、メス(オス)を飼えばよかったということになってしまいます。

飼いやすいか否かは、結果論にすぎず、いかに飼い主がうさぎさんとうまく付き合えているかが重要であり、飼い始める段階でうさぎさんの性格を決め付けることはできません。

ただ、一般的にオスの方が飼いやすいと言われているのは、オスがメスよりも縄張り意識が強いため、自分のテリトリーの一部に飼い主を取り込んでくれた時には、メスよりも早く飼い主に対する仲間意識が高まり、スリスリと体をすり寄せるようになるからです

もっとも、オスは縄張り意識が強いことから、たとえ一部のテリトリーへの侵入が許容されたとしても、その核心部分まで侵すようなことをしてしまうと、飼い主に対しても攻撃的になります。

また、オスは縄張りを作るために、おしっこを飛ばす「スプレー行為(マーキング)」を行うので、家の柱などにおしっこがかかったりします。

他方、メスは妊娠中・子育て中は極めて神経質になり、気性が荒くなります。とにかく、落ち着くことのできる環境を作ってあげて、あとはそっとしておくことが必要です。

このように、オスとメスの大きな違いは、オスは縄張り、メスは子育てを重視するという点にありますが、いずれも本能に基づくものです。

そして、本能に基づくものである以上、オスかメスかは飼いやすいか否かとは関係がありません。

うさぎさんを飼うに際して最も重要なことは、飼い主と性格が合うか否かです。

うさぎさんの性格は、置かれた環境の下で、どのように育ったかによって変わってきますので、うさぎさんと息の合う付き合い方を心がけていれば、「飼いやすい」うさぎさんになります。

うさぎさんとは長く付き合うのですから、あせらず、じっくりと付き合っていってください。

ちなみに、オスであってもスプレー行為をしないうさぎさんもいますし、メスであるのにもかかわらずスプレー行為をするうさぎさんもいます。

特に、妊娠中・子育て中のメスは縄張りを主張するようになり、情緒が不安定になるとスプレー行為を行います。

LINEで送る